HOME > アスベスト関連

アスベスト関連

昨今、アスベストによる健康被害が話題となるなか、最終処分場への移送手段が問題として浮上してきています。インターアクションではアスベストの適正処理をサポートするリレーバッグ(通称:フレコンバッグ)や、アスベストに関する情報をご案内します。

アスベスト対策

アスベスト対策

以前は、アスベスト含有廃棄物であっても通常の廃棄物と同じように、そのままダンプで最終処分場まで搬入されていました。しかし、アスベストによる健康被害が叫ばれるようになり、また、平成18年7月に環境省から「建築物の解体等に係る石綿飛散防止対策マニュアル」が公表されたことで、中間処理・最終処分に際して、アスベストの分別ニーズが非常に高まってきました。
そのようななか、収集運搬・処理業者様や排出事業者様から「リレーバッグ(通称:フレコンバッグ)を石綿含有産業廃棄物の運搬用として使えないか」との問い合わせがあり、開発・販売するに至りました。


アスベスト運搬対策用商品の構成

アスベスト運搬対策用商品の構成

スレート板(アスベスト成形板)やカラーベストなどの「石綿含有産業廃棄物」は、最終処分場によって受入基準が異なります。当社では、さまざまな処分場の受入基準に対応可能なリレーバッグ(通称:フレコンバッグ)を取り揃えています。

アスベスト運搬対策用商品の構成


アスベスト情報

アスベスト情報

昨今、処分方法の安全性が問われているアスベスト廃棄物の受入基準や、処理フローについてご説明します。

アスベスト情報


アスベスト処理実績

アスベスト情報

スレート板などアスベスト成形板を破砕せずに運搬できるリレーバッグロングタイプ。2007年の発売以来順調に納入数量を伸ばしています。ここでは都道府県ごとの累計使用数量と受け入れ可能な最終処分場をご紹介します。

アスベスト処理実績




ページの先頭へ